モアビューティフルネット

『きれいになりたい』をかなえる【モノ】と【コト】

*

ビーグレン、シミに効果があるのはコレ!ハイドロキノン配合の【QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9】がスゴイ!

   

シミに効果を発揮するビーグレンホワイトケアトライアルセット『QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9』のハイドロキノンは高い浸透性で低刺激なのに効果実感

ビーグレンはアメリカ医療界の浸透テクノロジーの第一人者、
ブライアン・ケラー薬学博士が考案した浸透技術を
美容に応用したサイエンススキンケア化粧品です

bglenwhite02

長年の研究に基づいた技術による効果は圧倒的で
ビーグレンホワイトケアトライアルセットだけでも
シミがどんどん目立たなくなっていくことが実感できるほど!

 

効果の高いスキンケア化粧品はお肌への負担も大きいと思われがちですが
ビーグレンホワイトケアに関してはお肌への刺激や負担は全く感じられません

 

ビーグレンホワイトケアが特に効果を発揮してくれたのは
『ソバカスやほくろほど濃くはないけどくすみよりはハッキリしている広範囲にわたるシミ』

ほおの高い位置にできる目立ちやすいシミに効果があるのは嬉しいです!

[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

bglenwhite01

ビーグレンホワイトケアの内容は以下の通りです

洗顔料:クレイウォッシュ
化粧水:QuSomeホワイトローション
美容液:Cセラム
クリーム(夜間用):QuSomeホワイトクリーム1.9
クリーム(日中夜間兼用):QuSomeモイスチャーリッチクリーム

 

7日間分で1,800円(税抜き)ですがたっぷりと贅沢な使い方をしても
洗顔料以外は7日間以上使うことができます
今回はビーグレンホワイトケアトライアルセットからハイドロキノン配合の夜間用クリーム
『QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9』をご紹介します

スポンサーリンク

 

シミに効果のあるビーグレン『QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9』の全成分と効果

bglenwhite18

水, グリコール, シクロペンタシロキサン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, スクワラン, ハイドロキノン,セタノール, ジメチコン, ステアリン酸グリセリル, ベヘニルアルコール, バチルアルコール, ジステアリン酸PEG-150, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, オリゴペプチド-68, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, トウキ根エキス, シャクヤク根エキス, センキュウ根茎エキス, ジオウ根エキス, ショウガ根茎エキス, キサンタンガム, タマリンドガム,パルミチン酸セチル, ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10, ステアロイルラクチレートNa, ステアリン酸PEG-45, リナロール, BG, エタノール, EDTA-2Na, ピロ亜硫酸Na, カプリリルグリコール, ソルビン酸K

できてしまったシミに圧倒的な効果を発揮するハイドロキノンが配合されたクリームです

 

ハイドロキノンはシミやくすみに優れた効果を持つことが長年にわたり実証されていますが
お肌に赤みが出たり、つけたときに刺激を感じたりする人も少なくありません

 

私も他社のハイドロキノンクリームを使ったときに
わずかにではありますが刺激を感じましたしほんのりと赤みも出ました

 

が、ビーグレンホワイトケアトライアルセットの
『QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9』では
安全性と安定性の確立された浸透テクノロジーで
ハイドロキノンを効率的にお肌に浸透させるため
ハイドロキノン特有の刺激は一切感じることがありません

 

刺激がないことで本当にハイドロキノンが機能しているのかと心配になったのですが
しっかりとシミに働きかけてくれてトライアルセットを使っている短期間でも
広範囲にわたるシミ全体が薄くなっていることがわかります

 

ほくろ程度の濃さになってしまったシミには短期間で効果は出にくそうですが
継続することで徐々に明るい色になってきているのでこちらにも期待できそうです



 

シミは本当に消えるの?ビーグレン『QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9』の実際の使いごこちと仕上がり

bglenwhite20

クリームはお肌をやわらかくなめらかに仕上げる効果のあるものが多く
コクのあるテクスチャーのものが多いのですが
『QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9』はクリームにしてはさっぱりめ、
やわらかくてベタつきの少ないクリームなのでよく伸びます

スキンケアによるお肌のベタつきが気になる暑い季節でも気持ちよく使えるクリームですね

お肌を包んで保護する効果もありますが
やはりメインはハイドロキノンによるシミ対策にあると感じます

ハイドロキノン配合でありながらシミが気になる部分だけでなく
お肌全体につけることができるクリームなのですが
私の使い方はまずシミの気になる部分に厚めにつけ
5~10分ほどそのままにしてから
顔全体に伸ばすという使い方をしています

 

香りは…ちょっとクセを感じる香りで
ニンニクのようなニラのような独特の匂いです

成分特有の匂いなのですがビーグレンは無香料なので
どうしても成分の匂いがしてしまうとのことでした

クセのある匂いではありますがそれほど強くはないので
しばらくすると気にならなくなります

 

他社のハイドロキノンクリームも使ったことがありますが
『QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9』は
ほとんど刺激を感じずとても使いやすいクリームだと感じました

やさしい使いごこちでありながら効果のほうもしっかりと感じることができ
目立つシミにしっかりと働きかけて透明感のあるお肌を実感できます

 

ビーグレンホワイトケアトライアルセットの美容液『Cセラム』は
つけすぎてしまうとお肌をつっぱらせてしまうのですが
『QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9』は
お肌を乾燥させることのない処方でお肌が乾燥しがちな方でも使いやすいと思います

が、きちんとお肌を保湿・保護できるのかというとその部分では少々物足りないと思いますので
しっかりとお肌を保湿したい方は『QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9』のあとに
きちんとお肌を保護するスキンケア化粧品を重ねることをオススメします!

[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

        
 

  関連記事